[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 2017年_夏_ブラジル旅行5日目(1/3)(プレグィシャス川下りツアー)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年_夏_ブラジル旅行5日目(1/3)(プレグィシャス川下りツアー)

2017年8月2日、ブラジル旅行5日目。

昨日の大レンソイスツアーに引き続き、プレグィシャス川下りツアーに参加。
プレグィシャス川はバヘリーニャス中心を流れ、ジャングルそしてレンソイス・マラニャンセス国立公園を経て大西洋へと流れる川。

バヘリーニャスのプレグィシャス川沿いには小さな船着き場が沢山あり、そのうちの1つからツアーはスタート。

川幅は広く、結構スピードを出すので、爽快感はあるが、景色が劇的に変わる・・・という訳ではないので、川下り自体を楽しむようなものではない気がする。

ちょっと面白いと思ったのが、川の水。
色は茶色いが、透明度が高く、紅茶みたいな感じで、汚れている訳ではない。
これは川の水に豊富に含まれるタンニンによるものらしい。

さて、1時間ほど走ったところで巨大な中州ができているエリアに降ろされ、若干の自由時間。
川の中にこのサイズの中州があることからも、プレグィシャス川の大きさが分かってもらえると思う。
P1150428_R.jpg

P1150434_R.jpg

ここから更に船を走らせて、小レンソイスに到着。
小レンソイスというだけあって、昨日見た大レンソイスと比べれば、規模は小さいが、やはりこれも美しい。
ここでもそれなりの自由時間をもらえるので、水着を持参すれば泳ぐことも可能。
P1150459_R.jpg

P1150482_R.jpg

続いて、マンダカルの漁村へ。
漁村らしく、船着き場では村民が魚を干していた。(ただの客引きアピールかもしれないが・・・)
DSC_1440_R.jpg

DSC_1442_R.jpg

ここには灯台があり、漁村を眼下にプレグィシャス川、小レンソイスを眺めることができる。
DSC_1432_R.jpg

灯台からの眺めは素晴らしかった。
P1150508_R.jpg

この後、さらに船を走らせ、海の辺りまできたところで、ランチ。
砂丘を挟んで、片方はプレグィシャス川、もう片方は海というスペシャルスポット。
DSC_1457_R.jpg

DSC_1456_R.jpg
(こちら側は海)

DSC_1465_R.jpg
(こちら側はプレグィシャス川)

こんなスペシャルなスポットのランチは当然高い!!!
マトモに食べようと思ったら、平気でR$100(≒3,500円※)は掛かってしまう。
こりゃあ、手が出ねぇ・・・。
DSC_1450_R.jpg

そんなこんなで、ドリンク片手に暑くて長いランチ休憩を過ごすのであった。

こんな感じでツアーは終了。あとは船でバヘリーニャスに戻るだけ。

さらば、レンソイス!
DSC_1476_R.jpg


実は、この長いランチタイム中に、ある重大な事実に気づいてしまった・・・。
詳細は、次の記事で・・・。

※1R$≒35円(2017年8月2日時点)
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。