[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 2017年GW ロシア・モンゴル旅行6日目(ウラン・ウデ→ウランバートル)
FC2ブログ

2017年GW ロシア・モンゴル旅行6日目(ウラン・ウデ→ウランバートル)

2017年5月4日、ロシア・モンゴル旅行の6日目。

イルクーツクから乗車した列車は、ほぼ定刻(AM5:30)にウラン・ウデに到着。
DSC_0648_R.jpg
(ウラン・ウデ駅 ホーム)

ウラン・ウデはあくまで経由地なので、そのまま長距離バスターミナルに移動。
外の寒さとバックパックの重さに負け、あまり良く考えずに300ルーブル≒600円支払ってタクシーに乗ってしまったけど、5分も経たずにバスターミナルに到着。
よく地図を見たらウラン・ウデ駅~長距離バスターミナルは約1.5kmしかないのね。

バスの出発時刻は7:30なので、バスターミナルに併設しているカフェで待つ。
(何も頼まずに待つのも少し居心地が悪いのでミルクティーを注文)

ウラン・ウデ→モンゴル(ウランバートル)へのバスチケットはUUhostelというサイトで事前に予約していました。
Eチケット的なものが返送されてこなかったのが気になっていたのですが、あまり良く考えず本日に至るわけです・・・。

ウランバートル行のバスが乗車開始したと同時にドライバーに話すと、やはりチケットがいると。
UUhostelに電話すると、「あなた達、チケット取りに来てないでしょ?」と・・・。
後になってサイトをちゃんと見てみると、「チケットをHostelに取りに来ること」、と明記してある。
やってしまった。(完全に私のミス)

お金を払ってチケットを購入していることは間違いないので、乗せてくれないか?と話をしてみるも、なかなか埒があかないので、チケットを現地で再購入することにしました。
費用は1,500ルーブル(≒3,000円)/人。
他の乗客も事前にチケットを予約している人は少なかったので、結果論だけど、当日でも余裕でチケットを購入できそう。
あー、もったいないことした。

ちなみに、UUhostel経由でチケットを購入した際は1,850ルーブル(≒3,700円)/人であったので、差額の350ルーブルがUUhostelのマージンということになりますね。
わざわざホステルまで受け取りにいかなければならないことを考えると、利用できる場面は少ないかもしれない。

さて、何やかんやあったけど、無事にモンゴル(ウランバートル)に向けて出発。
モンゴルのイミグレオフィスで、オフィサーにビザ持ってないの?と渋い顔で質問され、当然「No!」と返す。
(日本人なら30日以内の滞在であれば不要なはず)
幸い、別のオフィサーが日本人がビザ不要であることを知っていて、すんなり通れました。
友人も同様の質問をされていたようなので、あまりこの国境を日本人が通ることは無いのかもしれない。

国境を越えてすぐにレストランで昼休憩。
バスから降りると両替屋が群がってきて、ルーブル→Tg(トゥグリク)を持ち掛けてくるので、余っているルーブルを全て両替。
(レートが良いかどうかは分からないけど、多くの人がここで両替をしていたので、悪くはないんだと思う)
DSC_0654_R.jpg
(昼休憩に寄ったレストラン)

メニューを見ても文字が読めないので、他の人達が食べているのを指さして、あれと同じものをくれ、と伝える。
牛肉がゴロゴロ入っていて2,000Tg(≒100円)※。めちゃ安い、そしてうまい。
※20Tg≒1円(2017年5月現在)
DSC_0649_R.jpg

さて、何やかんやでウランバートルに到着したのはPM7:00。
約12時間もバスに乗っていた。

到着したドラゴンバスターミナルから市内までは6~7kmの距離があるので、さすがに徒歩は不可。
宿泊予定(予約してないけど)の市内のゲストハウスまでタクシーで10,000Tg≒500円でした。
(3人のドライバーに聞いた中で一番安いけど、これが相場的に安いかどうかは不明)

今回宿泊した宿はゴールデンゴビゲストハウス
日本語が通じるし、清潔だし、とても快適なゲストハウス。
ツインルームで29USD/2人でした。

この日も移動だけの1日。
(あんまり旅行してる感じがしない・・・)
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する