[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 2017年GW ロシア・モンゴル旅行2日目(1/2)(イルクーツク → オリホン島)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年GW ロシア・モンゴル旅行2日目(1/2)(イルクーツク → オリホン島)

2017年4月30日、ロシア・モンゴル旅行の2日目。

AM9:00、バイカル湖(オリホン島)行のミニバスがホテルまで迎えに来ました。
いくつかのホテルを経由して他の乗客を乗せた後、中央市場付近で他のミニバスと合流し、AM10:30頃、やっとこさイルクーツクを出発。
DSC_0484_R.jpg
(中央市場付近で油を売るミニバスドライバー達)

ここから約2時間走った後、約20分の休憩。
乗客の殆どはここで軽食をとっていました。(我々は何も買わず)
なお、設置トイレ?はボットン便所より酷い。
穴を掘った上に木製の架台と仕切り、屋根を取り付けただけのチープな作り。
DSC_0485_R.jpg

さらに約2時間走り、オリホン島目前でミニバスを降ろされます。
ここからは船。
決して大きな船ではないけれど、30~40人は乗れそうな船なのに、何故か1回の輸送で15人くらいしか乗せません。
DSC_0505_R.jpg

しかも、船は1隻しか運航しておらず、船がオリホン島を往復している約30~40分の間、ひたすら待たされます。
その上、ツアーで来ている中国人観光客(団体)が凄まじい勢いでどんどん割り込んでくるため、一向に乗船できません。
イライラしてきますが、中国人観光客同士が割り込み/割り込まれで揉み合いのケンカを始めたのを見て、一気にイライラも冷め、仏の心で待つことにしました。


船着き場到着から約3時間、やっとこさ乗船することができました。
(確か、4、5巡目だったと思います)

船はガラガラ。
まだ、乗れない人たちが20人以上待っています。
DSC_0508_R.jpg

もう春とは言え、さすがはシベリア、湖表には氷が張っている箇所がまだあり、船はこれを破壊しながら進んでいきます。
かなり熔融が進んできているとは言え、まだ20~30cmほどの厚みがあるためか、船は微速。
これは時間が掛かっても仕方がない。
そして、氷上はとても寒い。
DSC_0525_R.jpg

そしてやっとこさオリホン島に到着。
しかし、ここから更にミニバスに乗り換えて、オリホン島の中央に位置するフジュルという町に向かいます。
オリホン島は長さ72km、幅12kmの決して小さくもない島であるため、所要時間は約1時間。
道路はアスファルトで舗装されている訳ではないため、ゆっくりしか進まず、しかも相当揺れます。
(乗り物酔いしやすい人は要注意)

宿泊予定のホステルに着くころには完全にグロッキーでした。
時刻は既にPM6:00・・・。

これはもう、完全に苦行。

つづく
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

コメント

No title

中国人観光客って、どこもそうなんだね。。
自分もエルサレムで、混雑している細い通路を、我こそ先へと言わんばかりに割り込もうとしてきた・・・。
どうせお互い言葉は通じないだろうと逆襲したら、舌打ちされたw

No title

中国人観光客には我慢が無い人が多いね。
特に年配の方々。
日本のGWは中国でも連休中みたいなんで、どこにでも中国人はいるねー。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。