[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 2017年GW ロシア・モンゴル旅行(準備:ビザ取得)

2017年GW ロシア・モンゴル旅行(準備:ビザ取得)

ロシア入国にあたっては、面倒くさいことにビザが必要です。

観光ビザの取得に必要な物は以下の通り。(在日ロシア連邦大使館より抜粋)
■電子査証申請書(EVA)
ロシア外務省領事局の専用サイトにて必要事項を記入し印刷。
日本語での手順表記もあり(少し違和感のある日本語ですが)、そんなに難しくありません。
■顔写真1枚
パスポート用サイズ4.5×3.5cm。
■旅行会社が発行するバウチャー
バウチャーには以下の事項の記載がなければならないとのこと。
・旅行者のデータ(氏名、生年月日、パスポート番号)
・ロシア入国日および出国日
・観光ルート、移動手段、宿泊場所、観光プログラム
・旅行会社の署名と印
・支払い済み証明
・ロシアの受入れ旅行会社名と、その旅行リファレンス番号

これを見る限りバウチャーの入手は非常に面倒。
まず、旅行会社を通す=マージンを取られる、ということになるため、余分にお金が掛かります。
そして、入国日と出国日、観光ルート、移動手段、宿泊場所等を記載するということは、予定をかっちり決められてしまい、バックパッカー特有の自由旅行ができないということになります。

しかし、色々調べるとそうでもないようです。
空バウチャー(形だけのバウチャー)を発行してくれる旅行会社が沢山あります。
私はTravelRussiaというサイトで発行してもらいました。
ここは、安くて早い!
シングルエントリーで$14.65/€13.26/R799(ドル/ユーロ/ルーブル、任意の通貨で払えます)。
必要事項入力 → 支払い(私はクレジット払い) → バウチャー発行で1時間もあればバウチャーを入手できます。

実際に入手したバウチャーが以下。
バウチャー

ロシア大使館が要求している記載事項を全て満たしているとは言えませんが(観光ルート、移動手段等)、私はこれで無事ビザをゲットできました。
また、ここに記載の通りに旅行しなくても、特に問題は無いようです。
(実際に私は、記載にないホテルに泊まり、記載よりも1日早く出国しています)
つまり、自由旅行ができるという訳です!

このTravelRussiaというサイトは多くの個人旅行者が使用した実績のあるサイトで、ここのバウチャーでビザ取得不可となった事例はなさそうです。
ここ以外にもバウチャーを発行してくれるサイトは沢山あるので、気になる方は色々調べてみると良いかと思います。
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する