[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 大菩薩嶺 登山(2017年4月)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大菩薩嶺 登山(2017年4月)

2017年4月23日、大菩薩嶺(だいぼさつれい)に登ってきました。
大菩薩嶺は山梨県にある標高2,057 mの山であり、日本百名山の1つ。
登山初心者におすすめの山です。

昨年の秋に四阿山(あずまやさん)と両神山(りょうかみさん)を登山して以来(ブログには書いていない)、久しぶりの登山だったので、リハビリがてら簡単目な山を攻めることにしました。

標高1587mの登山口(上日川峠バス停、ロッジ長兵衛近く)付近の市営駐車場(無料)に車を停め、10:30頃に登山開始。
DSC_0416.jpg
(登山口)

最近雪が降ったのだろうか、木々に掛かっていた雪が解け、登山道の至る所で雪解け水が降り注いでいた。
お陰で、地面の一部はぬかるみ、少し歩きづらい状況。

歩き始めてから約1時間、大菩薩峠に出て、一気に視界がひらけた。
DSC_0430.jpg
(大菩薩峠)

歩みを止めると少し肌寒いけど、傾斜は緩やかで歩きやすく、とても気持ちいい。
DSC_0440.jpg
(明るい尾根の登り)

大菩薩峠からは大菩薩湖と富士山が見え、景色は抜群。
DSC_0445.jpg
(大菩薩湖と富士山)

頂上目前の雷岩はひらけており、登山者が食事をとっています。
(雷岩以外にも至るところにひらけた場所があり、休憩場には困りません)
DSC_0457.jpg
(雷岩)

そして、登山者の食事を狙っているであろうキツネさん。
誰か、餌付けしちゃったんだろうなぁ・・・。
良くないよね。
DSC_0464.jpg
(野生のキツネ)

雷岩からは樹林帯を再度潜り、約10分で頂上に到着。
この樹林帯のぬかるみといったら半端じゃなかった。残雪?と相まって滑りまくり。
DSC_0459.jpg
(大菩薩嶺 頂上)

帰りは大菩薩峠ではなく、雷岩から分岐している唐松尾根から下山。
約1時間で登山口まで戻ってきました。
帰着時刻は14:00頃だったので、約3時間半の登山。(ほぼコースタイム)

身体に殆ど疲労感は無く、リハビリにちょうど良い感じ。
景色も良かったし、大満足の登山でした。
大菩薩嶺、おすすめです!(特に初心者には超おすすめ)


さて、登山口にあるロッジ長兵衛にて少し遅い昼食。
(今回はリハビリ登山なので極力荷物を少なくするべく、食材や調理道具は持っていきませんでした)
DSC_0417.jpg
(ロッジ長兵衛)

山梨名物「ほうとう」を注文。
1,000円/1人前。以下写真は2人前。
うまい!!!
DSC_0474.jpg
(ロッジ長兵衛で食べた「ほうとう」)

こちらもおすすめ!
スポンサーサイト

テーマ : 山登り - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。