[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 2016年_夏_ウズベキスタン旅行2日目(1/2)(カラ巡り)

2016年_夏_ウズベキスタン旅行2日目(1/2)(カラ巡り)

2016年8月1日、ウズベキスタン旅行2日目。

宿泊先で朝食。
ヒヴァのナンは薄い生地に独特の模様が描かれています。
ジャムをつけて食べます。
P1130778_R.jpg
(ヒヴァ・ナン)

この日はカラ巡り(全部ではないですが)に出かけました。
宿泊先のラリ・オパー(LaLi Opa)でツアーを申し込むことができ、費用は20USD。

カラは城砦都市遺跡のことで、今回はアヤズ・カラ、キジル・カラ、トプラク・カラの3つをまわってきました。
いずれもカラクル・パクスタン共和国にあります。
(カラクルパクスタン共和国はウズベキスタン共和国内にある自治共和国)

一応、カラクル・パクスタン共和国には国境があり、簡易な検問もありますが、顔パス状態でした。

まずはアヤズ・カラ。
P1130783_R.jpg
(Ayaz Kala アヤズ・カラ①)

P1130786_R.jpg
(Ayaz Kala アヤズ・カラ②)

P1130791_R.jpg
(Ayaz Kala アヤズ・カラ③)

アヤズ・カラの麓には遊牧民のテント「ユルタ」があります。
ちょっと入りづらいけど、宿泊、食事もできるみたい。
P1130802_R.jpg
(アヤズ・カラの麓にある遊牧民のテント「ユルタ」)

続いて、トプラク・カラ。
比較的、内部構造物の状態が良い。
P1130811_R.jpg
(Toprak Kala トプラク・カラ①)

P1130819_R.jpg
(Toprak Kala トプラク・カラ②)

最後にキジル・カラ。
城壁を修復中で、随分と立派なものができる模様。
出来上がりが楽しみ。
P1130821_R.jpg
(Kizil Kala キジル・カラ①)

P1130822_R.jpg
(Kizil Kala キジル・カラ②)

正直、どのカラも風化が激しく、よく分からない。
(キジル・カラは修復中だったけれど)

あえて来る場所でもないかな・・・。

帰り道の露店で買ったメロンがとても美味しかった。
みずみずしくて、とても甘いメロンが1玉4,000スム(≒70円;闇レート)。
冗談抜きで、こんな美味しいメロンを食べたのは初めて。
P1130828_R.jpg
(メロン露店)

つづく。
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する