[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 2016年GWミャンマー・ラオス旅行7日目(2/2)(ルアンパバーン市街散策)

2016年GWミャンマー・ラオス旅行7日目(2/2)(ルアンパバーン市街散策)

2016年5月5日、ミャンマー・ラオス旅行7日目の後半戦。

ルアンパバーンを一望できるといわれているプーシーという丘(海抜700m、登山口からの高さ150m)に行くことに。
タイミング的には夕暮れ時がいいんだろうけど、まだ少し時間がある。
しかしながら、クアンシーの滝から帰ってきた我々はグッタリと疲弊してしまい、今、休憩をとったら行く気力が失せてしまう気がする・・・。
ということで、体に鞭打ちフライング。

入口で20,000kipを支払い、少し上るとあっさり頂上に到着。

P1130253_R.jpg
(プーシーから眺めるルアンパバーン;メコン川側)

P1130265_R.jpg
(プーシーから眺めるルアンパバーン:ナムカーン川側)

ここで夕暮れを待とうと思ったけど、忍耐力のない我々は早々に下山。

そして、シェイクを飲みに行く。
P1130272_R.jpg
(町の至るところにあるシェイクの露店)

この暑さと疲れに沁みる。
P1130269_R.jpg
(フルーツシェイク:10,000kip)

シェイクで少し元気になった我々は、メコン川の川辺を散策することにした。
この時になって、ようやく夕暮れ。
プーシーからの夕暮れは見れなかったけど、メコン川からの夕暮れも、なかなかなんじゃない?
人も全然居ないし、隠れたサンセットスポットかもしれない。
P1130280_R.jpg
(メコン川からの夕暮れ風景)

夕方頃から、シーサワンウォン通り面する小道の一部では飲食店の屋台が出だします。
フルーツ、野菜、ごはん、お肉、飲み物等々、いろいろ揃っています。
P1130304_R.jpg
(飲食屋台 1)

我々もその中の1つで夕食をとることに。
P1130295_R.jpg
(飲食屋台 2:我々が夕食をとった屋台)

この屋台では25~30cmくらいの魚が陳列されていて、ちょうど、メコン川でとれた魚を食べたいと思っていたとことでした。
店には2種類の魚があり、見た目はあまり大差ないんだけれど、一方がメコンフィッシュ、もう一方がティラピア(だったと思う)なんだと。
値段はメコンフィッシュが50,000kip、ティラピアが15,000kipで、3倍以上の差がある・・・。
さて、どうしたもんか。

見た目通り、味も大差ない気がするんだけど・・・。
でも、結局メコンフィッシュを選択。
P1130286_R.jpg
(飲食屋台 3:メコンフィッシュ)

普通の白身魚ですな。

バイキング形式の屋台でおかず?を追加。
P1130293_R.jpg
(飲食屋台 4:バイキング式?)

これをもって会計しにいくとやたら高い金額(50,000kipだったか、下手したらもっと高かった)を提示されました。
よくよく聞いてみると、どんな食材をいくらよそっても一定の金額を取られるシステムのようで・・・。
こんな時に限って、明らかに安そうなおかずばかりをとってしまった。
よそってしまった手前、今から返品することもできず、ずいぶん割高な買い物・・・。

この夕食だけで100,000kipオーバーか・・・と、なんとも言えない気持ちになっていると、ネコがごはんをねだりにきた。
割高なおかずを分けてやりました。くやしいのう。
P1130301_R.jpg

食事を終えてシーサワンウォン通りに出ると、そこには数えきれない数の露店が広がっていた。
これがうわさに聞くルアンパバーンのナイトマーケットか。
P1130311_R.jpg
(ナイトマーケット 1)

P1130315_R.jpg
(ナイトマーケット 2)

P1130306_R.jpg
(ナイトマーケット 3)

ただし、買うものは何もない。

旅行7日目は以上。
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する