[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 2016年GWミャンマー・ラオス旅行6日目(1/2)(ヴィエンチャン市内散策)

2016年GWミャンマー・ラオス旅行6日目(1/2)(ヴィエンチャン市内散策)

2016年5月4日、ミャンマー・ラオス旅行の6日目です。

タイのバンコク(スワンナプーム国際空港)から飛行機で約1時間、ラオスのヴィエンチャン(ワットタイ国際空港)に到着。
まずは、ルアンパバーン行のバスチケットを入手すべく、北方面バスターミナルにタクシーで移動。
(空港内にオフィシャルのタクシーカウンターがあります)

P1130218_R.jpg
(北方面バスターミナル)

ここで、20:30発の寝台バスのチケットを購入。
お値段は150,000kip※≒(2,000円)
※LAK:ラオスキープ。10,000kip=約130円(2016/5/4時点)

ちなみにこの北方面バスターミナルからはベトナムや中国への国際バスが出ています。

さて、ここにいてもあまりやることはないので、ヴィエンチャン市内を散策します。

トゥクトゥクをチャーター(150,000kip)しました。
P1130145_R.jpg
(トゥクトゥクからの風景)

首都とは思えないのどかさ。

まずはナンプ広場付近に行き、昼食。
P1130148_R.jpg
(ラオス風焼きそば)

ここから近くの見どころ「ワット・シーサケート」へ。
入場料は5,000kip
P1130152_R.jpg
(ワット・シーサケート外観)

回廊には無数の仏像が収められています。
P1130155_R.jpg
(ワット・シーサケート回廊の仏像群)

続いて、「ワット・ホーパケオ」。
本来は5,000kipの入場料がかかりますが、今回は無料で入れました。
改装中だったためと思われます。
P1130171_R.jpg
(ワット・ホーパケオ外観)

P1130173_R.jpg
(ワット・ホーパケオ塗装中?)

続いてパトゥーサイ。
完全にパリの凱旋門。

P1130196_R.jpg
(パトゥーサイ)

目の前の噴水は電気が走っているんだと。故意にやっているのか、それとも単なる漏電を懸念しているのか・・・。
P1130179_R.jpg
(パトゥーサイ公園内噴水の注意書)

パトゥーサイは3,000kipで上ることができます。
P1130193_R.jpg
(パトゥーサイ展望台からの眺め)

建物内の窓は鉄格子でできていますが、これがまた仏教国らしく洒落ている。
P1130195_R.jpg
(仏像を模した鉄格子)

何やかんや、このパトゥーサイ楽しめました。

つづく。
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する