[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 2016年GWミャンマー・ラオス旅行3日目(1/3)(バガン遺跡観光)
FC2ブログ

2016年GWミャンマー・ラオス旅行3日目(1/3)(バガン遺跡観光)

2016年5月1日、ミャンマー・ラオス旅行の3日目。

AM4:00頃、バガン遺跡近くの長距離バスターミナルに到着。
メインとなるオールドバガン、安宿が集中しているニャンウーへは少し距離があるので、徒歩は困難です。
皆、タクシーやら馬車で移動いきました。

我々も長距離バスターミナルからオールドバガン(サンライズを見るため)を経由してニャンウーへ行く内容で馬車をチャーターしました。
費用は15,000K(≒1,500円)でした。(多分高い)

馬車は揺れるし、座席スペースは狭いし、お金に余裕があればタクシーの方がいいね。
(コストとしてはタクシー>馬車)

さて、まずはサンライズを見るため、オールドバガンに向かいます。
長距離バスターミナルから少し行ったところにパガン入域のゲートがあり、ここで入域料(25,000K)を支払います。
(これも高いよねぇ・・・)

そして、オールドバガンに向けて再出発・・・、と思ったら、外が明るくなり始めてきた。
日の出には間に合わないから、急遽バガン行きはやめよう、と馬車運転手?から提案があった。
(これは確信犯ではないだろうか・・・)

ただ、サンライズが見えなければ確かに意味はないので、バガンビューイングタワー付近のサンライズ/サンセットスポットへ行くことになりました。
ここの良いところは仏塔に登れるところです。
(登れる仏塔は少ないのです)

P1120810_R.jpg
(バガンビューイングタワー付近1)

P1120811_R.jpg
(バガンビューイングタワー付近2)

到着してすぐにサンライズは始まりました。
P1120815_R.jpg
(サンライズ1)

P1120833_R.jpg
(サンライズ2)

P1120835_R.jpg
(サンライズ3)

うーん、悪くは無いけど、思ってたのと違う・・・。

これにてサンライズは終了。

ニャンウーへ向かいます。
宿泊先は決まっていなかったのですが、ドライバーがおススメのホテルがあるとのことなので、まずはそこに行くことになりました。
(こういうのは少しメンドクサイのですが、気に入らなかったらニャンウーの中心部まで行ってちゃん行ってくれると合意をとりました)

そして着いた先はニャンウー中心部からは少し西より(オールドバガン寄り)の「Golden House」。
「Golden Myammer Guest House」という似たような名前の(こっちの方が有名)ゲストハウスがありますが、それとは違います。
P1130135_R.jpg
(Golden House外観:夜の写真しか撮ってませんでした・・・)


さて、中身はというと、ここ1年以内に出来たホテルということで、非常にきれいです!
ツインルームに案内されるとエアコン、ホットシャワー、冷蔵庫、テレビがあり、朝食付で少し高めな雰囲気。
ベッドが3つあったのでトリプルルームだが、これをツインルームとして提供してくれるようだが・・・、値段を聞くと30,000K。
部屋の内容を見ると決して悪い金額ではない。

ここに宿泊することにしました。

深夜バス移動で臭い身体をシャワー洗浄し、朝食(バイキング形式)を食べ、気力も充実!

このホテルでは電動バイク(8,000K)や自転車(2,000K)の貸し出しをしており、我々は安い自転車をレンタルすることにしました。
(マウンテンバイクもあるようですが、貸し出し中でした。値段は不明)

さて、オールドバガン観光に出かけますか!

(次に続く)
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する