[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 2015年GW中央ヨーロッパ旅行6日目(ボスニア・ヘルツェコビナ:モスタルへ)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年GW中央ヨーロッパ旅行6日目(ボスニア・ヘルツェコビナ:モスタルへ)

2015年5月4日、中央ヨーロッパ旅行の6日目。
本日はクロアチア(ドゥブロブニク)からボスニア・ヘルツェコビナ(モスタル)に移動。

モスタル旧市街のスターリ・モストと周辺は2005年に世界遺産に登録されており、ボスニア・ヘルツェコビナの重要な観光資源になっているとのこと。
町はオスマン朝時代の影響が色濃く残っており、ヨーロッパに居ながら中東的な雰囲気を味わえます。

ドゥブロブニクからモスタルまでは長距離バスで約3時間の距離ですが、私はドゥブロブニクからの日帰りツアーに参加。
(旧市街をプラプラしている中で、見つけたので申し込みました)
費用は320Knでしたが、人によっては280Knで参加している人が居て、負けた気分・・・。

中型のバンがツアー参加者のホテルを周り、ピックアップしてくれます。
モスタルに行く途中、ポシテルジという場所を経由してくれました。
自由時間が30分与えられたので、お城?を目指すことに。
お城の上からの眺めはなかなか!
P1120083_R.jpg

ポシテルジを後にし、バンで揺られること約1時間、モスタルに到着。
早速スターリ・モスト登場。
以下の写真はコスキ・メフット・パシナ・ジャーミヤという寺院の尖塔から撮影。
(補足)
入場料は尖塔への立ち入り込みで8KM※(≒500円)。
ただし、Knも使用できるので、私はKnで支払いました。
※KM:マルカ、ボスニア・ヘルツェコビナの通貨
P1120096_R.jpg

いい景色!
橋はこんな感じ↓
P1120093_R.jpg

大道芸人みたいな人が、ここから飛び降りるから見物料をくれ的なことを観光客相手にアピールしていました。
しかし、一向に飛び降りる様子はなく、結局飛び降りは見られず。
見物料、貰えなかったんだろうな・・・。

旧市街には土産物屋がたくさんありました。
P1120119_R.jpg

そして、川辺のレストランで食事。
ボスニア・ヘルツェコビナに来ても食べるのはクロアチア定番料理のチェヴァビ笑
P1120109_R.jpg

モスタルでの自由時間は約3時間と短いですが、見所が狭い範囲にあることもあり十分に楽しめました!


さて、モスタルを後にして、その帰り道、カキの養殖場に寄ってもらえました。
P1120121_R.jpg

試食もでき、5Kn/1つで生カキを食べさせてもらいました。
サイズは大したことないですが、新鮮でうまかった!
P1120124_R.jpg

ドゥブロブニク旧市街を見た後でインパクトは薄いかもしれませんが、日帰りで全く違う雰囲気を味わえるので、日帰りモスタルツアー悪くないです。

2015年ヨーロッパ旅行6日目、以上です。
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。