[PR] 看護師 求人 軟骨テンプテーション 資格取得(第二種電気工事士,酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者)

資格取得(第二種電気工事士,酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者)

ちょっと前ですが,第二種電気工事士試験と酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習を受けました。

まず,【第二種電気工事士】

これは一般用電気工作物(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)の工事に従事するために必要資格です。
筆記試験と実技試験の2つに合格する必要があります。
私の専攻が機械であり電気分野が不得意であるため,勉強のために受験しました。
(私が作業することはありませんが,作業監督する上である程度知っていないといけないですからね)
筆記試験は楽勝!
単線図の読み方が最初分からなかったくらいです。

問題は実技試験でした。
内容は難しくありませんが,試験およびその練習をするにあたり揃えるものが多すぎます。
(1)参考書
(2)工具セット
(3)練習キット
参考書については,どの試験勉強をするにも必要で値段もしれているのですが,(2)工具セット+(3)練習キットでトータル\20,000・・・。
試験問題は事前に開示される候補問題(13題の内から1題)から出題されるので,一通り練習して合格できました。
勉強期間は筆記試験:1ヶ月,実技試験:1ヶ月くらいだったと思います。(いずれも平均1時間/日でした)

つづいて【酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者(通称:酸欠)】

これは第二種酸素欠乏作業(酸欠+硫化水素)において作業主任者として就業するために必要となる資格です。
仕事で槽内,ボイラー内作業等の監督をすることがあるため,業務の一環で受講しました。
講習は3日間で座学2日,実技1日+修了試験となります。
試験は講義をちゃんと聞いていれば楽勝。
(試験に出る箇所は強調して説明してくれます)

さて,これでまた所持資格が2つ増えました!
難しい資格じゃないけど,やっぱり嬉しいもんです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する